熱中症

  • 2013.05.22 Wednesday
  • 14:35

5月も半ばを過ぎて日中、暑いぐらいの日があります

これからの季節気を付けていただきたい病気

それが『熱中症です

多くの皆さんが意識して

・毛を短くカットする

・日がでている間の散歩を控える

・部屋や車の窓を開けて風通しをよくする

・車でお留守番させるときは、エアコンをつける

など、対策をしていると思います。


しかし…!!

それだけでは十分とは言えません。


◎毛を短くカットしただけでは体が

気温の上昇についていけません


→室内の温度だけでなく湿度も見てください。

◎日は沈んでも地面の温度が熱い場合安心できません

→地面の温度が低い早朝や夜に散歩してあげてください。

◎窓を開けるだけでは安心できません

→日が入ると部屋の温度は上がります

窓に日よけの工夫をしてください。

出かけるときはエアコンを入れてあげましょう

◎根本的に車でのお留守番は危険です!!やめましょう

→エアコンのスイッチをわんちゃんが

誤って切ってしまう事故も起こってます


これだけ気を付けていても起きるのが事故です…

では、起こってしまったらどう対処しますか?


1、まずは落ち着くことです!!

当たり前と思うかもしれませんが、

わんちゃんがぐったりした姿を見るとパニックになる方が多いです

1秒でも早く処置しなければ命にかかわるため

まずは、落ち着きましょう

2、体温を下げさせます

わんちゃんの体に水をかけてうちわなどで扇いであげてください

脇の下や股、首を冷やすと効率的に体温を下げれます

3、すぐに獣医さんへ連れて行く

2、までできたら

獣医さんに連絡をとってすぐに連れて行きます

獣医さんに連絡をとることで、お休みや診察時間なども確認でき、

病院側も緊急処置の準備もできるからです


家族みんなで幸せに暮らせるように一人一人が意識しましょう


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM